ブログ

調達した資金の用途について~2~

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、前回に続き調達した資金の使用用途についてです。

 

前回は、用途を明らかにする必要性について記しました。

 

今回は、資金の使用用途と違う資金の使い方をしたケースについてです。

 

結論から記しますと、それが発覚した場合、

 

銀行や金融機関などは厳しい態度になります。

 

特に、設備投資での借り入れを申請し、調達後に用途とは違う資金の使い方、

 

例えば運転資金や代表個人ために使われるなどがありますが、

 

この場合、今後銀行などからの融資を受けることが出来なくなる可能性が高いです。

 

また、領収書など関係書類を偽装した場合などは、一括返済を要求され、

 

当然今後の融資は受けられなくなります。

 

これは、投資家などからの資金調達でも同様で、

 

投資家の意向とは違う資金の使い方をした場合、

 

資金の引き上げなどが行われる場合があります。

 

よって、銀行などの金融機関や投資家からの資金調達は、

 

厳正な管理があることを理解しておかなければなりません。

 

書類の偽装などは、絶対にしてはいけませんね。

 

 

当社のファクタリングでの資金調達においては、

 

お客様の資金の使い方をチェックすることはありません。

 

お客様においては様々な理由やご事情があるかと存じます。

 

金融機関での資金調達が厳しいを感じられましたら、

 

是非とも当社に相談いただきたいです。

 

株式会社西日本ファクター

調達した資金の用途について~1~

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、調達した資金の使用用途についてです。

 

銀行など金融機関で借り入れによる資金調達を行う場合、

 

その用途は事業の運転資金あるいは設備投資のためというのがベースです。

 

運転資金は、人件費、宣伝費などの営業活動コストが多いです。

 

つまり流動性が高いので、銀行などからチェックは入ることはありませんが、

 

キャッシュフローの確認をされることはあります。

 

一方で、設備投資については、厳しくチェックされます。

 

厳しいチェックとは、企業や事業主の新たな設備の見積書、契約書、支払いの証明書など、

 

誰が見ても設備のために使われたと分かる証明する書類などの提出を求められます。

 

時には、本当に取引されたのかチェックするために通帳や帳簿の公開を求められることもあります。

 

つまり、借り入れた後のお金の流れを、常にチェックされるということです。

 

また、借り入れではなく、投資家から資金調達した場合、「口出ししない」という人もいますが、

 

大半の投資家は、どのようにお金が使われているのか、使用用途をチェックします。

 

 

では、当社のファクタリングはどうでしょうか?

 

 

当社は、お客様の保有する売掛金に対してのリサーチを行った上で、

 

お互いが納得した売買契約による資金調達です。

 

それぞれのお客様のご事情がありますから、使用用途についてはチェックすることはありません。

 

お客様の事業が円滑になるためのツールにしていただきたい一心です。

 

事業資金、資金調達のご相談は、西日本ファクターにお気軽にお問合せ下さい

 

株式会社西日本ファクター

設備投資用資金について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件が揃えば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、設備投資用資金についてです。

 

設備資金は、事業主の方々がご商売を広げるために、

 

店舗を改装する・出店する、新たな機材や車両を買う、

 

工場を新しく建てるなどが挙げられます。

 

つまり、本業のご商売で、さらなる業績を高めることが最大の目的です。

 

銀行など金融機関で設備資金での融資を受ける場合は、その設備がなぜ必要なのか、

 

設備投資と商売のバランス、そして何年で返済できるのかを厳しくチェックします。

 

当然ながら、設備投資とそれに伴う事業計画書を提示しなければなりません。

 

銀行など金融機関は、あらゆる角度から、

 

設備投資は本業の商売が発展することにつながるのか、

 

そして本当に返済できるのかを吟味します。特に、返済については厳しい目で判断されます。

 

一般的に言われているのは、おおよそ10年以内で返済することを求められます。

 

10年を超える場合は、相応の担保や売り上げや利益の明確な根拠を示さないと、

 

融資される確率は低くなります。要するに絵に描いた餅には、絶対に融資することはないです。

 

さらに、設備資金で融資が降りた場合では、

 

その後も資金の使用経過について融資先からチェックが入ります。

 

もし、設備資金とは違う場合は、

 

一括返済を求められるなど厳しい対応を迫られる可能性が高いです。

 

そして、金利の負担も大きいです。

 

 

ファクタリングの場合、何のための資金調達なのかを伺うことはありますが、

 

それ以上お客様の詮索をすることはありません。

 

お客様がお持ちの売掛金の属性について慎重に吟味して、

 

最善の資金調達が実現することを目指しております。

 

 

資金調達に関することで、お問い合わせがありましたらご遠慮なく当社へご一報ください。

 

一緒に課題を解決しましょう!

 

株式会社西日本ファクター

担保について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。そして、条件がそろえば、

 

即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は担保について記します。

 

担保とは、債務の履行を確実にするため、

 

債務者から債権者へ差し出す物的なものと人的な性質とに分けられます。

 

多くは、不動産や株式などまたはそれに類する(質権など)が担保として供給されます。

 

人的では、保証・債務などがあります。何れにせよ、銀行など金融機関が、

 

債務者に対して返済が出来なくなった場合において、

 

その債務の代わりに補てんするものが担保の定義です。

 

少額の借り入れの場合には、担保を要求されることはありませんが、

 

1千万円を超える資金調達の場合は、ほとんどのケースで担保の要求があります。

 

また、1千万円に満たない数百万円の借り入れの場合でも、

 

担保を求められるケースがあります。それは、赤字の決算が続いている、

 

債務超過であるなど財務内容が厳しい場合です。

 

さらには、担保そのものの審査が厳正であり、現金化など処分が速やかに出来るかなど、

 

その性質を調べます。よって、担保があるから確実に借り入れできると断定はできません。

 

 

当社のファクタリングでの資金調達では、当然ながら担保を求めることはありません。

 

おそらく無いかと思いますが、万が一担保を要求するファクタリング業者であれば、

 

要注意で絶対に取引しないでください。

 

株式会社西日本ファクター

売掛債権担保融資とファクタリング

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、売掛債権担保融資についてです。

 

売掛債権担保融資とは、売掛金を含めた売掛債権(受取手形など)を担保にして、

 

売掛金が入金されるまでの資金を、その業者に融資してもらう制度です。

 

融資ですので、貸金業となります。

 

売掛債権を活用した資金調達方法で、ファクタリングと同じとされるケースがあります。

 

売掛債権担保融資では、融資の対象となる売掛債権の信用度、取引先の件数とその信用度、

 

さらにお客様の資金繰りを含めた財務状況や税金滞納などが審査されます。

 

なぜなら、融資であるので、売掛債権である担保の能力とお客様の支払い能力を審査されます。

 

先に書いたように、取引先の件数が少ないと、融資されない場合があります。

 

つまり、売掛金を有効活用する点は同じでも、それらを担保することでの貸付ですので、

 

貸借対照表には流動負債となります。

 

 

ファクタリングは、売掛金の売買契約です。

 

つまり資金調達側が、売掛金をそのまま買い手であるファクタリング業者へ渡します。

 

よって支払いでないこと、有志でないことが分かります。審査は、売掛先に対して行います。

 

お客様の各書類も提出していただきますが、ほとんどが形式上のものです。

 

そして会計上は、未収入金とする流動資産計上されます。

 

キャッシュフローの改善には、ファクタリングの方が有効であると自負しております。

 

株式会社西日本ファクター

個人事業主の借り入れついて

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、個人事業主の借り入れについてです。

 

銀行など金融機関の個人事業主への借り入れは、存在はします。

 

その代表的な存在は、日本政策金融公庫です。

 

創業・起業時や起業後の運転資金など、さまざまな用途での融資があります。

 

しかし、融資を受けるには、税金の滞納がないことや事業計画書、資金計画書などの厳正な審査があり、

 

融資までに約1カ月を要する場合があります。ほか、大手・地方の銀行においては、もっとハードルが高いです。

 

事業の市場性が高い、革新的な技術でのサービスなど将来性が高く、

 

時代のニーズに合っているなどのビジネスモデルであると判断されれば融資される可能性が高いです。

 

しかし、個人事業主においてそれらのような存在は、ひと握りで、

 

事業性資金の融資は極めて困難であるのが現実です。

 

個人事業主の資金調達は、個人名義でのカードローンや不動産担保のローンとなるケースが大半です。

 

他、投資家からの援助、公的な機関からの借り入れなどがありますが、諸々の条件や制約がついて、

 

計画通り進むには時間が必要なケースや、希望通りにならない時があります。

 

当社のお客様には、個人事業主の方々も多数いらっしゃいます。

 

事業計画をはじめ創業年数や規模などのチェックをさせていただきますが、

 

当社はお客様の保有する売掛先の調査は独自に厳正に行います。

 

個人事業主の方々も、素晴らしい取引先をお持ちであります。

 

そして、有効的にファクタリングを活用されて事業展開をされています。

 

個人事業主で、融資が困難な方々には、ぜひとも一度お話しをさせていただきたいです。

 

お客様のニーズに沿った資金調達のご提案をさせていただきます。

 

株式会社西日本ファクター

リスケジュールについて

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。そして、条件がそろえば、

 

即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、リスケジュールについてです。

 

リスケジュールとは、

 

銀行など金融機関からの借入金の返済が厳しくなった場合に、

 

今の返済スケジュールをから猶予・先延ばしなど返済可能なスケジュールへ

 

見直しを含めた返済期間、金額の約定などを変更することで、

 

通称リスケと言われております。リスケを実現するには、

 

融資先である銀行との交渉において、そのために資金繰りの実績と今後の計画、

 

経営改善計画書とそれに伴う事業計画書、そして返済計画書が必要です。

 

これらの作成を経営者ご自身が行い融資先に説明する場合もありますが、

 

ほとんどが公認会計士や税理士など金融に精通した専門家と一緒に

 

進めることが多いです。

 

 

リスケは、一時的な資金繰りの改善としては有効な方法である一方、

 

銀行など金融機関からの新たな資金調達は、

 

極めて困難になる確率が高いです、なぜなら、

 

返済の先延ばししなければならない状況は、その会社の資金繰りが苦しく、

 

経営が悪化していると判断されるからです。

 

経営が悪化している会社に銀行など金融機関は、融資することはありません。

 

それを覚悟でリスケするか否かを検討しなければなりません。

 

リスケ中あるいはリスケを検討中の経営者の皆さまに、

 

当社のファクタリングをおすすめいたします。

 

お客様が保有する売掛金という資産を有効活用され、

 

早期の現金化を実現することで資金繰りを改善していただきたいのです。

 

リスケをお考えの前に、一度当社へご一報ください。

 

お客様にとっての最善策を提示します。ご連絡をお待ちしております。

 

株式会社西日本ファクター

連帯保証人について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする

西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を

提案いたしております。

 

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を

当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

手数料はいただきますが(2.8%〜)、借入金ではなく、

『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、連帯保証人についてです。

 

連帯保証人とは民法上、

「債務者と連帯して債務を負うとする特約を付した保証人」

と定義づけられております。

 

つまり、債務者と同等の立場で、債務者が支払いをできない場合は、

直ちに連帯保証人が支払いを行わねばなりません。

 

銀行や貸金業などは、ほとんどのケースで

連帯保証人を立てなければなりません。

 

当然ながら融資側は、回収不能時のリスクを軽減するための

対策を講じる訳です。連帯保証人=債務者ですから、

それを依頼される場合は、慎重に吟味することが必要です。

 

保証人と連帯保証人は、全く異なりますので、

専門家に相談することですね。

 

中小企業の場合、ほとんど代表個人が連帯保証人となっております。

 

会社が倒産した場合は、代表個人に債務を負う責任が伴います。

 

その位、連帯保証人は厳しい立場であることを

認識しておかねばなりません。

 

不動産賃貸、病院入院時などでも同様で、

債務者と同等に債務を負うのです。

 

ファクタリングでの資金調達は、

融資ではないので連帯保証人を求めることはありません。

 

万が一それを要求する業者は、

ファクタリングを“隠れみの”にした高利の貸金業者の可能性があります。

 

絶対に契約してはいけません。速やかに交渉を打ち切ることです。

 

ファクタリングに関することで、お問い合わせがありましたらご遠慮なく当社へご一報ください。一緒に課題を解決しましょう!

 

株式会社西日本ファクター

債権譲渡登記について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々ご奮闘のことと存じます。

 

日増しに暖かくなって来ました。気持ちが前向きになりますね。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。

 

手数料はいただくことになりますが(2.8%〜)、借入金ではなく、

 

『債権の売買契約』に該当する契約になります。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件が揃えば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、債権譲渡登記についてです。

 

債権譲渡登記とは、

 

債権譲渡登記制度は、法人がする金銭債権の譲渡等について、

 

簡易に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

 

 

金銭債権の譲渡等をしたことを第三者に対抗するためには、

 

原則として確定日付ある証書によって債務者に対する通知を行うか、

 

債務者の承諾を得なければなりませんが、法人が金銭債権を譲渡等した場合に限っては、

 

債権譲渡登記所に登記をすることにより、

 

第三者にその旨を対抗することができるとするものです。

 

 

つまり、三社間ファクタリングの場合ファクタリング業者、お客様、売掛先の三社が関係し、

 

売掛先の現金化を行ないます。大きなポイントは、

 

弊社が売掛先へ売掛債権の買い取り(譲渡)の通知を行う売掛金は、

 

売掛先から弊社へ支払われます。

 

このケースは、ファクタリング業者にとってリスクが少ないので、

 

債権譲渡登記することはありません。

 

 

一方で、二社間ファクタリング業者とお客様との契約の場合、

 

売掛先に買い取りの通知はありません。

 

その分、売掛債権の二重譲渡が出来てしまう(二重譲渡は禁止です)リスクが生じるので、

 

これを防ぐためにファクタリング業者は「債権譲渡登記」を行うのです。

 

その際、ファクタリング会社は「債権譲渡登記」をすることで、

 

第三者へ「これは当社が◯月◯日に先に買い取った債権で、

 

権利は当社にあります」ということを証明するのです。

 

原則は、登記とする方向ですが、

 

お客様との間で書面による「二重譲渡いたしません」とする旨の成約を行うことで、

 

登記せずに二社間でのファクタリングが実現いたします。

 

売掛先に譲渡が知らされると、

 

今後のお客様の取引に大きな影響が出てくる可能性があるからです。

 

 

我々は、お客様を信頼することから始まります。どうかお気軽にお問い合わせください。

 

株式会社西日本ファクター

銀行融資について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々ご奮闘のことと存じます。

 

日増しに暖かくなって来ました。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。(手数料は2.8%〜)

 

よって借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約になります。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件が揃えば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、銀行融資についてです。

 

銀行融資という言葉から何を連想されますか?

 

「銀行融資なら安心」がすぐに浮かぶのではないでしょうか。

 

確かに銀行は、安心かもしれません。

 

現在は低金利で且つ厳しい回収などなく、

 

リスケジュールに応じてもらえるケースもあり、借り入れる側からすると、

 

とても助かります。

しかし、銀行融資は厳しい審査があります。まずは、提出書類です。

 

その書類を並べると、本人確認書類(免許証、パスポートなど)、

 

決算書3期分、事業計画書、試算表、資金繰り表、現在の借り入れ状況一覧、

 

登記簿謄本、印鑑証明、納税証明書、借入申込書が挙げられます。

 

その他担保や保証人についても聞かれます。

 

場合によっては、経営者個人の金融履歴の照会もある可能性があります。

 

つまり、銀行は「貸してきちんと回収できるかどうか」を、

 

これらの書類から判断します。具体的な事業計画によって、

 

「これだけの設備に貸付・資金投入して、どれだけの営業成績を作り出せるのか」

 

「この事業計画による営業で、運転資金を出して回収が見込めるのか」

 

「我々が貸し付けた資金を、誠実に運用できるのか」

 

「そもそも入念に準備した事業計画で資金繰りであるのか」などのチェックを、

 

データ・数値で実施してから、面談などでチェックされます。

 

当然ながら、何らかの滞納や支払い遅延などの履歴があれば、

 

融資は困難になります。また、つなぎ融資の申し込みの際は、

 

当座の状況言い換えれば、

 

短期的な支払い能力があるかどうかのチェックが入ります。

 

 

以上のように銀行融資は、少しでも懸念されることがあれば融資は不可です。

 

つまり、本当のピンチの時に銀行が融資することは極めて厳しいですね。

 

それが現実です…だから、我々の存在があるのです!

 

 

本当に資金的なピンチの時こそサポートするのが本来であると思います。

 

そのための我々の売掛金を活用したファクタリングを、おすすめします。

 

どこにも頼るところがないときは、どうかご遠慮なくお問い合わせください。

 

借り入れ、貸付ではないので、まずはご連絡をください。

 

一緒にベストを尽くしましょう!ご連絡をお待ちしております。

 

株式会社西日本ファクター