ブログ

【ブログ】社会保険料の未納について

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆さまは、日々事業活動に励まれ、地域社会の発展に貢献されておられると存じます。

 

毎日奮闘されるなか、資金面でのお悩みも大なり小なりあるかと…

 

われわれは、経営者の皆さまの一助となることが、最大の使命です。

 

 

今回は社会保険料の未納についてです

 

 

法人格は義務である社会保険加入

会社を設立すると、その企業は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入することが義務化されております。

 

従業員がゼロでも、代表者に対して報酬が支払われている場合は、勧誘か義務です。

 

しかし、零細企業のなかで、社会保険料が未納をなっている企業は、散見されます。

 

その理由として、「資金繰りが厳しいから運転資金に使ってしまった」と、

 

商取引での資金へ回して、社会保険料の支払いは後回しになっているということです。

 

決算書のなかでは、未払費用として計上されます。

 

もちろん銀行融資の場合、担当者はその未払費用の中味をチェックし、社会保険料の未納がある場合、税金滞納時と同様に、

 

新たな融資についてはできないケースが多いですね。

 

 

公的な支払いは優先

 

銀行など金融機関は、社会保険料など公的な支払いが滞っていると、

 

仮に融資しても返済ができるが疑問を持ちます。そして公的な支払いができない状態は、資金繰りが行き詰まっていると判断し、融資はしません。

 

よって、銀行からの融資を受けたい場合は、まずは社会保険料など公的な支払いを優先させることをおすすめいたします。

 

公的な支払いが停滞していることは、大きなマイナス材料です。

 

このようなときは、ファクタリングを採用することをご検討ください。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査の中心は売掛先です。われわれが独自の審査を行います。

 

先に社会保険料など公的な支払いを優先させるために、ファクタリングを活用された資金を確保していただきたいです。

 

株式会社西日本ファクター

 

 

【ブログ】売掛先との関係について~2~

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆さまは、日々事業活動に励まれ、地域社会の発展に貢献されておられると存じます。

 

毎日奮闘されるなか、資金面でのお悩みも大なり小なりあるかと…

 

われわれは、経営者の皆さまの一助となることが、最大の使命です。

 

今回は、前回に続き売掛先との関係について記します。

 

 

手形のジャンプ

 

 

販売先との取引で、手形での支払いを受けているケースがあります。

 

現在、手形での取引は減少しつつありますが、今も存在しております。

 

手形は、60〜90日後の入金となります。やや債権保有側から見ると、サイトが長いですね。

 

さらに、売掛先から「支払い期日を延ばして欲しい」とする手形のジャンプの要請があった場合にどのようにすれば良いのか?

 

本来なら受け入れることは厳しいですが、長年の取引などさまざまな関係によって邪険にできません。

 

しかし、自社の資金繰りも厳しくなる可能性もあります。

 

 

取引内容を変更する

 

 

手形のジャンプを要請してくることは、売掛先の資金繰りは厳しくなっていることは明白です。

 

手形のジャンプの要請があった場合は、慎重に判断してから行ってください。

ジャンプを受け入れる場合は、今後の取引の変更などを条件に交渉することをおすすめいたします。

 

入金サイトを短くする、現金での取引にする、担保の提供を求めるなど売掛先との取引条件を変更することが望ましいですね。

 

そして、売掛金の有効な活用としてファクタリングがあります。

 

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査の中心は売掛先です。われわれが独自の審査を行います。

 

手形ジャンプなど売掛金の滞留でお困りの場合も、是非ともご相談ください。

 

九州、中国、関西エリアで資金調達・ファクタリングなら、
最短即日で事業資金の調達が可能な、「西日本ファクター」にご相談下さい。

 

 

 

売掛先との関係について~1~

福岡をはじめ九州および中国、関西地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆さまは、日々事業活動に励まれ、地域社会の発展に貢献されておられると存じます。

 

毎日奮闘されるなか、資金面でのお悩みも大なり小なりあるかと…

 

われわれは、経営者の皆さまの一助となることが、最大の使命です。

 

 

今回は、売掛先との関係について記します。

 

 

「入金を待って欲しい」

 

 

日々の商取引で、販売先から請求後すぐに入金があることが、ベストです。

 

しかし商売が拡大すると、取引数や販売先などが増加してきます。

 

そのような状況になると、取引ごとの入出金管理は、やや負担となります。

 

よって、販売先との間で売掛の契約を行います。双方で約束した条件で、取引を締めて入金日を設定します。

 

その契約により、販売分の回収を行うのが一般的です。

 

長年取引を行っていると、「すまない、今月の入金少し待って欲しい」とする販売先が出てきます。

 

長年の取引でお世話になっているということで、「良いですよ」となります。

 

1週間後など短期間の入金待ちならまだしも、さらに数ヶ月先となると少々問題かと思われます。

 

 

まずは売掛先の今を調べる

 

 

自社に資金の余裕があれば、入金を待つことも可能ですが、資金繰りが厳しいなかでは、何カ月も待つことはできないですね。

 

一方で、売掛先も何らかの事情があっての入金遅れの場合が多数です。

 

まずは、売掛先の経営者と話をして、さらに客観的に売掛先の今を調べることです。そして、今後取引が可能かを判断することです。

 

また、このようなケースでもファクタリングは有効な方法です。

 

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査の中心は売掛先です。われわれが独自の審査を行います。

 

もし、上記のケースであれば3社間のファクタリングも視野に入れておくと良いですね。

 

3社間とは、売掛債権の保有側が、売掛先に債権譲渡の同意を得ることです。

 

同時後、3社間でのファクタリング契約となり、売掛先は定められた期日にファクタリング会社へ買掛分の金額を入金する仕組みです。

 

ファクタリングにより、売掛金を有効に活用されることも一考してください。

 

株式会社西日本ファクター

 

ベンチャー企業とファクタリング

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

社歴が浅い会社の融資

 

 

世間一般で言われている社歴の浅い会社として、ベンチャー企業と称されるところがあります。

 

ベンチャーとは冒険という意味を持ち、すなわちこれから発展・進化していこうとする新鋭の事業者です。

 

諸説がありますが、おおよそ会社設立5年以内とされ、IT系の業種が多数存在します。

 

ベンチャーのなかには、大手系資本、著名なファンドからの資金サポートがあるなどスタートから潤沢な資金力で、事業展開ができる企業もあります。

 

しかしそれは、ほんの一握りで、大半のベンチャー企業は、新たな市場の開拓を行うための資金調達が大きな課題であることは、確かです。

 

その資金調達は、まずは銀行となります。

 

銀行の融資は、決算書、詳細な事業計画、資金繰り表をはじめとしたその会社の全てがわかる書類を元に審査が始まります。

 

審査のなかで、重要なポイントは設立からの年数です。

 

社歴の長い会社について、「長年市場に貢献している」と銀行側は見立てます(当然業績が安定しているという前提)

 

反対に社歴が短いベンチャー企業に対しては、銀行は融資に対して慎重になるケースが、多いです。

 

革新的で将来性の高い事業計画であっても、あくまでも未来のことであるので、

 

今の会社の状況について優先するので、ベンチャー企業の銀行融資は厳しいのが現実です。

 

 

ファクタリングを活用する

 

 

それでもベンチャー企業も資金は必要です。将来的に必ず社会に貢献するであろうという、技術やサービスも、広げるには相応のコストを要します。

 

素晴らしい投資家など見つかれば、新たな事業の展開が実現しますが、それも簡単ではありません。

 

前記したとおり、銀行融資も厳しく、審査に時間を要します。

 

 

では、ファクタリングはどうでしょうか?

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

社歴の浅いベンチャー企業でも、売掛先の企業が優れているなら、短時間での資金調達が可能なのがファクタリングです。

 

社歴が浅いのは、ハンディではないので、ファクタリングを資金調達の有効な手法に採用していただきたいです。

 

株式会社西日本ファクター

 

 

税金の滞納と融資について

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆さまは、日々事業活動に励まれ、地域社会の発展に貢献されているなか、資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ抱えていらっしゃるかと思います。

 

 

今回は、税金の滞納と融資について記します。

 

 

税金滞納があれば融資は厳しい?

 

企業活動のなかでも、納税の義務はあります。法人税、消費税など国に収める税金は各種あります。

 

しかし、事業が不調で売上高・利益を計画通り残さない場合、資金繰りが厳しくなり、

 

支払いが滞ることは、多々あります。そのひとつが、税金の滞納です。

 

税金の滞納が発生すると、銀行をはじめとした金融機関は、その企業や事業者に対して、

 

要注意の状況として動向を詳細に見続けていきます。

 

そして新たな資金繰りが必要になったとき、まずは銀行に融資を申し込みます。

 

その際、銀行は、その企業の財務の現況をチェックします。チェック時に税金の滞納の有無も明らかにあります。

 

税金の滞納がある場合、融資の審査が通ることは厳しいです。

 

なぜなら、税金を対応している=資金繰りが行き詰まっているという判断になり、貸し倒れのリスクがあるからです。

 

 

資金繰りが厳しいから調達が必要

 

 

そのような状況になろうとする経営者は、誰一人いないのです。

 

しかし、商取引上さまざまな理由で、事業の不振やトラブルなどに見舞われて、資金面で苦戦することは発生します。

 

税金の滞納など、資金繰りが厳しいから調達が必要なことは明白です。

 

それでも銀行など金融機関からの融資による資金調達は厳しいです。

 

自社を破綻させないためには、どうすれば良いのか?

 

税金の滞納を抱えている経営者の方々には、ファクタリングをご検討いただきたいです。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査の中心は売掛先についてですので、税金の滞納が存在しても、審査には影響しません。

 

むしろ、ファクタリングで資金調達していただき、支払い面など含めキャッシュフローの改善の一助となってほしいです

 

株式会社西日本ファクター

 

資金調達からみる地域特性

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

銀行がメインの資金調達

 

 

資金調達においては、中心となるのが銀行融資です。

 

日々の事業の入出金などあらゆるシーンで取引のある銀行。

 

特に付き合いの深い銀行に対して、さまざまな相談を行う場合もあります。

 

その相談の中心が、融資です。

 

事業のなかの利益で資金を回転させていくことがベストですが、想定通りにいかないのが資金繰りです。

 

事業においての資金繰りは、人間や生物の命を同じで、絶えるとすべてが終わりです。

 

その資金を順調に回転させるために、融資で調整していくことが大切となります。

 

事業にとっての生命である資金繰りを相談する銀行は、そのほとんどのケースが地元にある銀行となります。

 

銀行は、地域特性を知っていることで、その事業者の詳しい情報が入り、さらに事業主の人柄などの情報収集できます。

 

決算書、資金繰り表、事業計画書などでは見えない実像がわかります。

 

 

ファクタリングも地域特性

 

 

資金調達を行う場合、真っ先に相談するのが取引のある銀行となり、地元の銀行が中心となります。

 

しかし、その地元の銀行も融資審査については、それ相応の時間を要します。

 

自社から近く、取引が活発でも、融資については別のことです。

 

「是非とも借りてください」と銀行側が述べるのは、あまり融資を必要としない資金繰りが安定しているところです。

 

そして銀行の融資審査に落ちたときの最善の対応策のひとつが、ファクタリングです。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングは、事業者が保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

このファクタリングについても、地元の業者との取引がベストです。

 

なぜなら、地元の情報をよく知っていることで、審査する時間が短縮され且つより正確な判断を下すことができます。

 

当社は、福岡および九州・中国そして大阪府までネットワークを作り上げておりますので、最短で即日の資金調達が可能となります。

 

ファクタリング業者も、お客さまの地元密着を選んでください。

 

株式会社西日本ファクター

地域特性とファクタリング

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

増加傾向のファクタリング会社

 

今回と次回に分けて地域特性とファクタリングについて記します。

 

ファクタリング会社は近年、新規参入が増加傾向にあります。

 

短期間・短時間での資金調達が実現することで、徐々にクローズアップされております。

 

そのようななかで、国内のファクタリング会社は東京都が多数を占めております。

 

電話一本で、全国対応での資金調達を実施しております。

 

 

地域特性の大切さ

 

一方で、諸手続きに関して時間を要するケースが多発しております。

 

東京本社の企業であれば関東圏内の案件は、比較的短時間での対応を実施する一方で、

 

九州・中国地方の案件は、即対応という訳にはいかないことが多いです。

 

理由は、地域の情報はやはり地元が一番だからです。

 

顧客情報、売掛先企業ともに地元に近いほど、短時間で収集ができます。

 

審査において特に重要なのが売掛先の属性です。

 

東京本社のファクタリング会社が、各地方に出先機関があればできますが、

 

そこまでの体制が作られている企業はほとんどありません。

 

よって、いくつかの手続きを行ってから調査することとなります。

 

当社は、福岡をはじめ九州・中国地方に関しては、万全の体制で対応させていただいております。

 

九州、中国、関西エリアで資金調達・ファクタリングなら

最短即日で現金化が可能な、

「西日本ファクター」にご相談下さい。

 

不良債権を抱えた場合について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、不良債権を抱えた場合についてです。

 

 

不良債権とは、回収不能あるいは困難な再建を示します。

 

販売先や融資先の経営悪化や破綻によって、いわゆる“焦げ付く”“引っかかる”というと状態のことです。

 

または、売掛金など売掛債権の長期化による回収が不良な場合も該当します。

 

不良債権については、発生時を想定して引当金を確保している企業は、資金的に余裕がありますが、

 

引当金を充てることができない資金的に厳しい企業が大多数ではないでしょうか。

 

不良債権あるいは、それに類する債権を抱えている場合、銀行や金融機関はその企業を要注意として評価し、

 

借り入れがある時は、全額回収などを迫られる場合があります。

 

そのような事にならぬ様に、日々売掛先の動向には細心の注意を払うことが必要ですね。

 

さらには、早期に売掛金を回収するサイクルを作ることが大切です。

 

さらには、より早く売掛金を現金化させるには、ファクタリングが最適であると自負しております。

 

独自に売掛先を審査しますので、早期の売掛金の現金化については、まずは当社にご相談ください!

 

株式会社西日本ファクター

 

投資の増加について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、投資の増加です。

 

 

企業における投資は、本業の業績を拡大するための設備や環境の向上を目的とした設備投資と、

 

株式投資や交友関係にある企業への出資など本業外での投資があります。

 

本業での設備投資においては、金融機関の厳正な審査と、融資後の資金の使用状況をチェックされるなど、明確な資金使用があります。

 

一方で、本業外の投資については、金融機関は敬遠する傾向が強いです。

 

「自分の会社のカネをどう運用しようが、勝手だ!」とする経営者が散見されます。

 

もちろん、自己資本で行うなら良いのですが(社内の従業員がどう感じるかは?)、

 

金融機関から運転資金として融資を受けて、その資金が代表へ貸付けられ、株式を含むさまざまな投資へ使い、

 

その割合が利益を上回る規模になると、金融機関の目が厳しくなります。

 

 

本業の拡大や改善に対する投資については、金融機関は積極的に応援してくれます。そうではない、

 

反対に代表個人あるいはその身内の利益目的への投資が増加する傾向が強まれば、金融機関からの信用は一気に低下いたします。

 

もし、金融機関からの融資を円滑に受けるには、本業に関わる事業性の資金であることを明確にすることです。

 

株式会社西日本ファクター

 

 

買掛金の増加について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

手数料はいただきますが(2.8%〜)、借入金ではなく、

 

『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、買掛金の増加についてです。

 

 

買掛金は、売掛金の対語で、売掛による取引で商品などを購入した場合に、代金を支払う債務です。

 

仕入債務とする表現をされる場合もあります。要するに“ツケ”で仕入れすることです。

 

商売する以上事業を拡大させて、売上高を伸ばしていくことが求められます。

 

一方で、売上高が増加すると、同じ割合で仕入れも増加し、買掛金が増加することとなります。

 

同時に売掛金(債権)も発生し、双方とも資金繰りに大きな影響を及ぼします。それでも買掛金を減らすことはできません。

 

買掛金については、取引先と最初の売買契約時に、支払い条件=支払いサイトをより長くする交渉を実施することです。

 

取引の途中でも行うケースもありますが、「資金繰りが厳しいのではないか?」と警戒されることがあります。

 

長いと言えども、一般的に買掛の回転期間は2ヶ月以内が標準とされ、それ以上となると金融機関は、資金繰りが苦しいとする評価を下します。

 

 

事業を伸ばしていくためには、売り上げが増えるとともに、仕入れとなる買掛金が増えることとなります。

 

現金の回転を冷静に見極めながらの事業拡大を行い、円滑な買掛金の支払いを実践できる資金計画が、経営者には求められます。

 

株式会社西日本ファクター