ブログ

担保について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は担保について記します。

 

 

担保とは、債務の履行を確実にするため、債務者から債権者へ差し出す物的なものと人的な性質とに分けられます。

 

多くは、不動産や株式などまたはそれに類する(質権など)が担保として供給されます。

 

人的では、保証・債務などがあります。何れにせよ、銀行など金融機関が、

 

債務者に対して返済が出来なくなった場合において、その債務の代わりに補てんするものが担保の定義です。

 

少額の借り入れの場合には、担保を要求されることはありませんが、1千万円を超える資金調達の場合は、

 

ほとんどのケースで担保の要求があります。

 

また、1千万円に満たない数百万円の借り入れの場合でも、担保を求められるケースがあります。

 

それは、赤字の決算が続いている、債務超過であるなど財務内容が厳しい場合です。

 

さらには、担保そのものの審査が厳正であり、現金化など処分が速やかに出来るかなど、その性質を調べます。

 

よって、担保があるから確実に借り入れできると断定はできません。

 

当社のファクタリングでの資金調達では、当然ながら担保を求めることはありません。

 

おそらく無いかと思いますが、万が一担保を要求するファクタリング業者であれば、要注意で絶対に取引しないでください。

 

株式会社西日本ファクター

 

 

信用与信について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、信用与信について記します。

 

 

信用与信とは、無担保にて行われる融資です。

 

つまり銀行など金融機関にとっては、非常にリスクが高いものとなります。

 

与信とは、“信用を供与すること”ということです。

 

それは、銀行など金融機関の融資枠、支払い承諾(保証)等の供与や、

 

クレジットカード会社の利用可能枠(ショッピング枠、キャッシング枠)の供与などを示します。

 

つまり、お金を調達する側の支払い能力が高ければ、与信力が高く、信用与信での貸付も可能となります。

 

支払い能力が高い基準とは、その企業や事業主の資金繰りが円滑であることや支払いの遅れが一度もないなど、

 

金融の履歴がきれいなことです。

 

中小企業が融資を受ける場合は、代表者個人の与信力を審査される場合もあります。

 

無担保で銀行から融資を受けられるほどの企業や事業主の財務力はほとんどが強固で、

 

他人からお金を調達する必要があるかなと思います。一方で与信力が低いと、

 

銀行など金融機関での融資は、お客様のご希望通りの金額を調達できることは厳しいですね。

 

与信力を高めるためには、キャッシュフローの見直しが必要です。

 

それには先ずは、現預金です。

 

そのために是非とも当社のファクタリングによって、売掛金の有効活用で現預金力に厚みをつけてください。

 

株式会社西日本ファクター

 

売上高について~2~

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、売上高が減少している場合です。

 

売上高が減少していれば、企業の評価は良いとされることはありません。

 

しかしながら、企業経営は生き物ですので、毎期売り上げが増加し続けることは、そうありません。

 

時にはアクシデントや天変地異など不可抗力によって売り上げが減ることもあります。

 

もちろん、その企業の力不足による場合もあります。山あり谷ありであることは、だれもがわかっていることです。

 

一方で、毎期売上高が減少し続けていれば、企業内の何らか原因があるとされます。

 

要するに企業努力がされていないのではないかと、判断されます。

 

一般的に3期売上高が減少すると、要注意とされます。

 

5期となると、経営の破綻が懸念され、それ以上となると言うまでもありません。

 

当然、金融機関からの融資を受けることは不可能に近いでしょう。

 

なぜなら、売上高の減少が続けば、赤字に陥る可能性が高まり、資金的に苦しくなると予想されるからです。

 

経営者は、資金的な作戦を立てることが優先されますが、

 

そのためには自社の売り上げを着実に上げていくための作戦を立て、実行するための采配が必要であります。

 

株式会社西日本ファクター

 

 

売上高について~1~

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、売上高が増加している場合です。

 

売上高が増加していることは、基本的に良いと判断されます。

 

銀行など金融機関も、売上高が増加傾向にあるなら、評価は高くなります。

 

よって融資の実行において、有利に進みます。月次の売上高もさることながら、

 

決算における売上高の推移を金融機関は冷静にチェックします。

 

少なくとも直近3期、5期決算の売上高の推移をチェックするケースもあります。

 

しかし、売上高のみに固執し、採算を度外視し収益をおろそかにして赤字決算が続くと、金融機関の評価は下がり、

 

融資が厳しくなります。「売り上げは伸び続けているから、ウチは大丈夫」とする経営者は、今も存在します。

 

残念ながら、飛び抜けた売上高の上昇でも、適正な利益を確保しているのか?さらには、

 

順調に売掛金を回収しているのか?をチェックして、総合的に企業の財務は評価されます。

 

少しずつでも、毎期着実に売上高そして利益が増加していることが、金融機関は好意的に見ます。

 

株式会社西日本ファクター

 

支払いサイトの長短について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、支払いサイトの長短について記します。

 

 

支払いサイトとは、企業及び事業者間での商取引における代金支払いの取り決め、

 

締め日から支払日までの猶予期間のことを示します。すなわち売掛での支払いです。

 

例えば「月末締めの翌月末払い」などの言い回しを聞くことや目にすることがあると思われます。

 

この場合は、今月100万円の購入を行った場合、翌月末日に100万円を購入先へ支払う契約です。

 

よって30日のサイトと言われます。企業間や事業者同士の商取引では、

 

ほとんど売掛での取引が主流となっております。

 

支払いサイトは、より長いほうが資金繰りは楽になります。

 

財務の安全性を判断するものさしのひとつに“売掛債権対買掛債務比率”があります。

 

売掛債権÷買掛債務×100で計算するもので、すでに販売済みで現金化していないものと、

 

仕入れなど納品済みの支払いを済ませていないものの比率です。

 

一般的に100%を下回った数値が良いとされます。

 

売掛債権が買掛債務より下回っていたなら、

 

「現金が少ないのでは」と見られますが、早期に売掛金を回収していると判断され、

 

円滑な資金の流れとされます。100%以上の数値が良いという説もありますが、

 

売掛債権の固定化や不良化されている場合があります。

 

繰り返しますが、支払いのサイトはより長く、入金はより早い回収が資金繰りを良化させます。

 

 

売掛金でお困りの時は、是非とも一度当社へご一報ください。最善の提案をさせていただきます。

 

株式会社西日本ファクター

 

入金待ちの資金繰り状態について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、入金待ちの資金繰りの状態についてです。

 

入金待ちとは、支払日当日において口座の残高が支払い金額より不足している状態です。

 

支払日の前日までに充当する金額を口座に持つことがベストですが、

 

資金繰りが多忙であれば、販売先からの入金が頼りとなります。

 

この状態の場合、金融機関はその企業を要注意と評価して、新たな融資は受け付けない可能性が高いです。

 

手形を発しているなら不渡りになる可能性もあります。

 

そのようなことはどの経営者もわかっておりますが、

 

取引関係によっては販売済みの回収が中々できないなどのケースが見られます。

 

いわゆる売掛金が滞留してしまうことです。ベストなのは、入金のサイトを短縮させることです。

 

これだけでも、資金繰は大きく改善されます。

 

それも困難な場合は、是非とも当社にご相談ください。

 

売掛金の有効活用であるファクタリングによって資金繰りの改善のお手伝いをします。

 

迷わず思い切ってご相談ください!

 

株式会社西日本ファクター

赤字決算について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。

 

手数料はいただきますが(2.8%〜)、借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、赤字決算についてです。

 

 

そもそも赤字とは、支出が収入を超過した状態で、利益はマイナスです。

 

その逆は黒字です。赤字の原因は、あらゆる理由が挙げられますが、

 

要するに事業主が正確に計算していないことです。

 

つまり、日々の損益をチェックせず、売上、原価、

 

そして経費のバランスを取らずに過ごしていることです。

 

そして資金繰りをチェックすることがなく、先の資金計画の見通しを立てていないことです。

 

これらを放置していることで、利益を確保することができずに、苦しい経営を強いられるのです。

 

もちろん、商売をしている中で突発的な事故やトラブルが発生し、

 

その解決のために資金を使うことで、赤字になる場合もありますが、一番の原因は経営者の責任です。

 

赤字になってすぐさま会社が倒産することはありませんが、

 

商売で利益を作れなければ会社の資金は底をつき、資金が足りないと経営を続けることはできません。

 

「赤字の事業は、商売ではない」と言われるように、赤字の状態は良くありません。

 

銀行などの金融機関は、赤字の状態である会社に対しての融資は、ほとんど不可能です。

 

なぜなら赤字の事業が、将来的に発展するのか、

 

融資したお金を約定通り返済できるのかという側面で見た場合、厳しい判断がくだされます。

 

融資する側において赤字に対しては、かなり敏感となっております。

 

よって経営者は、赤字になる原因について徹底的に究明し、

 

黒字になるための対策を具体的に講じていくことが求められます。

 

その具体的な対策のひとつは、資金調達であります。今赤字でも、

 

黒字に変えるためには資金は必要です。

 

そのきっかけを当社のファクタリングの活用で実現していただきたいです。

 

株式会社西日本ファクター

調達した資金の用途について~2~

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、前回に続き調達した資金の使用用途についてです。

 

前回は、用途を明らかにする必要性について記しました。

 

今回は、資金の使用用途と違う資金の使い方をしたケースについてです。

 

結論から記しますと、それが発覚した場合、

 

銀行や金融機関などは厳しい態度になります。

 

特に、設備投資での借り入れを申請し、調達後に用途とは違う資金の使い方、

 

例えば運転資金や代表個人ために使われるなどがありますが、

 

この場合、今後銀行などからの融資を受けることが出来なくなる可能性が高いです。

 

また、領収書など関係書類を偽装した場合などは、一括返済を要求され、

 

当然今後の融資は受けられなくなります。

 

これは、投資家などからの資金調達でも同様で、

 

投資家の意向とは違う資金の使い方をした場合、

 

資金の引き上げなどが行われる場合があります。

 

よって、銀行などの金融機関や投資家からの資金調達は、

 

厳正な管理があることを理解しておかなければなりません。

 

書類の偽装などは、絶対にしてはいけませんね。

 

 

当社のファクタリングでの資金調達においては、

 

お客様の資金の使い方をチェックすることはありません。

 

お客様においては様々な理由やご事情があるかと存じます。

 

金融機関での資金調達が厳しいを感じられましたら、

 

是非とも当社に相談いただきたいです。

 

株式会社西日本ファクター

調達した資金の用途について~1~

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、その活動の中で資金についての課題は、

 

多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、調達した資金の使用用途についてです。

 

銀行など金融機関で借り入れによる資金調達を行う場合、

 

その用途は事業の運転資金あるいは設備投資のためというのがベースです。

 

運転資金は、人件費、宣伝費などの営業活動コストが多いです。

 

つまり流動性が高いので、銀行などからチェックは入ることはありませんが、

 

キャッシュフローの確認をされることはあります。

 

一方で、設備投資については、厳しくチェックされます。

 

厳しいチェックとは、企業や事業主の新たな設備の見積書、契約書、支払いの証明書など、

 

誰が見ても設備のために使われたと分かる証明する書類などの提出を求められます。

 

時には、本当に取引されたのかチェックするために通帳や帳簿の公開を求められることもあります。

 

つまり、借り入れた後のお金の流れを、常にチェックされるということです。

 

また、借り入れではなく、投資家から資金調達した場合、「口出ししない」という人もいますが、

 

大半の投資家は、どのようにお金が使われているのか、使用用途をチェックします。

 

 

では、当社のファクタリングはどうでしょうか?

 

 

当社は、お客様の保有する売掛金に対してのリサーチを行った上で、

 

お互いが納得した売買契約による資金調達です。

 

それぞれのお客様のご事情がありますから、使用用途についてはチェックすることはありません。

 

お客様の事業が円滑になるためのツールにしていただきたい一心です。

 

事業資金、資金調達のご相談は、西日本ファクターにお気軽にお問合せ下さい

 

株式会社西日本ファクター

設備投資用資金について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、

 

金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件が揃えば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、設備投資用資金についてです。

 

設備資金は、事業主の方々がご商売を広げるために、

 

店舗を改装する・出店する、新たな機材や車両を買う、

 

工場を新しく建てるなどが挙げられます。

 

つまり、本業のご商売で、さらなる業績を高めることが最大の目的です。

 

銀行など金融機関で設備資金での融資を受ける場合は、その設備がなぜ必要なのか、

 

設備投資と商売のバランス、そして何年で返済できるのかを厳しくチェックします。

 

当然ながら、設備投資とそれに伴う事業計画書を提示しなければなりません。

 

銀行など金融機関は、あらゆる角度から、

 

設備投資は本業の商売が発展することにつながるのか、

 

そして本当に返済できるのかを吟味します。特に、返済については厳しい目で判断されます。

 

一般的に言われているのは、おおよそ10年以内で返済することを求められます。

 

10年を超える場合は、相応の担保や売り上げや利益の明確な根拠を示さないと、

 

融資される確率は低くなります。要するに絵に描いた餅には、絶対に融資することはないです。

 

さらに、設備資金で融資が降りた場合では、

 

その後も資金の使用経過について融資先からチェックが入ります。

 

もし、設備資金とは違う場合は、

 

一括返済を求められるなど厳しい対応を迫られる可能性が高いです。

 

そして、金利の負担も大きいです。

 

 

ファクタリングの場合、何のための資金調達なのかを伺うことはありますが、

 

それ以上お客様の詮索をすることはありません。

 

お客様がお持ちの売掛金の属性について慎重に吟味して、

 

最善の資金調達が実現することを目指しております。

 

 

資金調達に関することで、お問い合わせがありましたらご遠慮なく当社へご一報ください。

 

一緒に課題を解決しましょう!

 

株式会社西日本ファクター