ブログ

不良債権を抱えた場合について

九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、

 

売買代金分を資金として提供する手法です。手数料はいただきますが(2.8%〜)、

 

借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

今回は、不良債権を抱えた場合についてです。

 

 

不良債権とは、回収不能あるいは困難な再建を示します。

 

販売先や融資先の経営悪化や破綻によって、いわゆる“焦げ付く”“引っかかる”というと状態のことです。

 

または、売掛金など売掛債権の長期化による回収が不良な場合も該当します。

 

不良債権については、発生時を想定して引当金を確保している企業は、資金的に余裕がありますが、

 

引当金を充てることができない資金的に厳しい企業が大多数ではないでしょうか。

 

不良債権あるいは、それに類する債権を抱えている場合、銀行や金融機関はその企業を要注意として評価し、

 

借り入れがある時は、全額回収などを迫られる場合があります。

 

そのような事にならぬ様に、日々売掛先の動向には細心の注意を払うことが必要ですね。

 

さらには、早期に売掛金を回収するサイクルを作ることが大切です。

 

さらには、より早く売掛金を現金化させるには、ファクタリングが最適であると自負しております。

 

独自に売掛先を審査しますので、早期の売掛金の現金化については、まずは当社にご相談ください!

 

株式会社西日本ファクター